スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
▲ pagetop
SUMMER SALE
IMG_5342c.jpg

△▽△ SUMMER SALE △▽△

7月1日(木) 11:00 スタート

20%~50% OFF



新商品も続々入荷しています。
皆様のご来店心よりお待ち致しております。




明日6月30日(水)はお休みさせていただきます。
お問い合わせ、ご注文のお返事は、7月1日(木)にさせていただきます。
何卒御了承下さい。

スポンサーサイト
SALE
▲ pagetop
ゲン担ぎながら生きてます
 ここまでの日本チームの大躍進、見事ですね。毎回日本戦がある日はスタッフ一同、接客もままならないくらいソワソワして、且つアゲアゲでした。が、今日はなんだか通常営業です。こんなこと、こんなこと言ってはなんですが、不安です。いつもとちがうと、変にゲンが悪くて不安です。こうなるといつもと違う点ばかり考えてしまいます。毎回何の気なしに侍ブルーの服を選んでいたのに、今日はむしろパラグアイレッドを着ています。

 考えるときりがない。こういう暗示癖が小学校の時から抜けないように思います。トイレの順番待ちをしていて、誰かが新たにやってきたら「あの人は人さらいだからあの人が列に並ぶ前に便器にありつけなかったら・・・」とか。。。
でも、皆さんご唱和願います!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はいバンバンジー!

 今日も飯食って、風呂入って、屁こいて、ジャパンを応援する!母さん、ビール持ってきなさい。

▲ pagetop
flowerman T
インパクトのあるTシャツないかなって思ってらっしゃる方、こんな感じのいかがでしょうか。
手描きで花を描いたものをプリントしたアレキサンダーリーチャンのflowerman T
ホワイトベースのプリントピンクベースのプリント の 2カラー。
ドルマンスリーブで、ネップ糸で編みたてた生地は洗う度に馴染んでくるので着心地も抜群です。
IMG_5111.jpg IMG_5119.jpg
IMG_5150.jpg IMG_5148.jpg





ALEXANDER LEE CHANG
▲ pagetop
KELTY バックパック
「KELTY」は、ディック・ケルティ氏が’52年、自宅ガレージでザックを作ったことからスタートしました。
アルミフレームパック、ウエストベルト、パッド入りショルダーベルトなど今となっては当り前の基礎ディテールを開発した元祖的存在で「バックパックの産みの親」と言われています。

FALCONは ’80年代の復刻モデルです。
デイリーにも、アウトドアにも使えます。
見た目以上に収納できて、細かいポケットなどは重宝します。
HPでは少々分かりにくいので、細部の画像を含めて以下にUPしました。
併せてご覧になってみてください。

KELTY    FALCON   ORANGE
IMG_5011.jpg IMG_5016_20100626234909.jpg
IMG_5031.jpg IMG_5040.jpg
IMG_5052.jpg
IMG_5060_20100626232553.jpg IMG_5042.jpg

KELTY    FALCON   PURPLE
IMG_5027.jpg IMG_5022_20100626235259.jpg
IMG_5034.jpg IMG_5037.jpg
IMG_5051.jpg IMG_5057.jpg
IMG_5065.jpg IMG_5066.jpg













▲ pagetop
摩訶!妖怪ファイル1

 怪談話が涼しい季節になって参りました。今日は僕のフェイヴな妖怪を紹介したいと思っています。

 お客様の中にも妖怪好きの方が多数おられるようなので、今回はクイズ形式にしようと思います。少ないヒントで分かれば高得点です。ですので、なるべくスクロールしないように楽しみましょう。

 ヒント其の1、片目、三本指(卑しい悪徳の象徴か)。(100点)
 

 ヒント其の2、元々は、豊作を願ったが志半ばで病に倒れた農夫がモデル(田んぼに関係あり?)(諸説あり)。(50点)

 
 ヒント其の3、(30点)90_thumb.jpg

 
 ヒント其の4、攻撃は口から吐き出す泥。体も泥でできているので、雨が降ると復活して再び襲ってくるという厄介者。ゲゲゲの鬼太郎では妖怪原子炉での乾燥により、あえなく御用。(10点)

 
 ヒント其の5、病に倒れた後、道楽息子が田を荒廃させてしまったため、口癖は「田を返せ~!田を返せ~!」である。(5点)


 正解は泥田坊(どろたぼう)です。ゲゲゲの鬼太郎の中では、もともと田であった場所を開発しようとした人々に襲い掛かるという、かなりメッセージ性の強いキャラクターでした。
 ほんなとこにフォーラス建てたら泥田坊出っろ!えーっな、だら!
 
 

▲ pagetop
ショーツをいくつか
梅雨が明けたら夏
夏は暑い
暑いはショーツ
ショーツがない ( はく勇気がない )
ないから欲しい ( でもはいてみたい )
欲しいけど何買っていいのか

ってことで、いくつかおすすめです。

プリント柄、マスタードカラーが特徴的なSTILL BY HANDのショーツ
トップスは褪せた色合いのブルーのDavitMEURSAULTのシャツ
クライミングショーツのディティールを取り入れたものですが、かたちはすっきり、少し細身、膝丈です。
IMG_4992.jpg

こちらは色違いのダークネイビー
リネンのチェックブルゾンを羽織って。
IMG_4986.jpg

トロっ?シャリ?サラっ?どう表現したらいいのか、とにかく肌触りの気持ちいいリネン、レーヨン、ポリ、ポリウレタン4種の素材使いのQuesorvelのショーツ
シャツはQuesorvelのコットンシルクのギンガムチェック
こちらもクライミングショーツをベースにしながら素材感と色味で上品な雰囲気に。とてもはきやすくておすすめです。
IMG_4970.jpg

で、そのまま同じ素材のジャケットを羽織るとこんな感じ。
IMG_4981.jpg

こちらはインダストリアルカテゴリーの薄くて透け感のあるオーガンジーのチェックショーツ
膝丈で、こちらも素材の風合い、色柄が肝な1本。軽くて涼しいので夏にはおすすめです。
薄手のカーディガンやシャツなど合わせて着てもいいと思います。
IMG_4953.jpg

夏に向けてこんなショーツいかがでしょうか。


▲ pagetop
ディスコ・ダブの示唆
 

 ここ数年、巷ではディスコ・ダブとかディスコ・リエディットなるジャンルの音楽が賑わっているように思います。過去のディスコ周辺の作品の一部分を解体・サンプリングしその反復によって新たな解釈のビートを産み出す、というのがこの手のジャンルの主たる手法です。このムーヴメントに火をつけたのはLindstromであり、Prins Thomas辺りであると個人的には思っています(店内でも一部視聴できます。CDは販売していないです)。先日触れたTodd Terjeもこのジャンルに括られることが多いです。もちろん他にも大勢これを支えたアーティストもいます。

 
 そういったものを聴いているうちに、意識か無意識か日本の歌謡曲の中にも(そんな制約があるとつまらないが)好サンプル元になりうるものが多くあることに気付かされました。流行には周期がある、などとしばしば言われますが、長くも短くも色々なものに周期があることの裏には、過去のものを現代の視点で再評価するという作業が不可欠であると考えます。
 
 
 一例を申し上げますと、こちらも先日このブログで紹介した南佳孝さんなんかは現在聴いてもバッチグーです。他にもいしだあゆみさん、クールです。ヒデとロザンナなんかもナイスですね。




 
 日本勝ちましたね。きもてぃー!!!次の試合のパラグアイですが、かつてフリーキックを蹴りにくるようなキーパーがいたチームなのでろくでなしでしょう。

 ろくでなしって言われてみたいですけどね。

▲ pagetop
クモン!デンマーク

 最近買ったナイスなCD。


                   4526180031222.jpg
 
 デンマークの人ではありませんが、近くのノルウェー出身です、多分。
 日本でおなじみの曲もこんな風になります。

 

 今日は我らが日本チームの重要な一戦、デンマーク戦です。整理すると日本チームは引き分け以上で予選リーグ突破です。過去のデータを遡ると、「予選リーグの初戦勝利したチームの予選突破率・・・85%強」、「デンマークの予選突破率・・・100%」だそうです。ご唱和願います!さんはい!
でもそんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!はい!バンバンジー!

 明日は寝不足でしょうか

▲ pagetop
SET UP ×2
パープルという色目、直線的なショールカラーのライン、冷たい素材感が特徴。
服本来のあたたかさではない、工業製品のような直線的な冷たさを感じさせます。
INDUSTRIALCATEGORY SHOWL JACKET + TROUSER
IMG_4841.jpg
IMG_4845.jpg
IMG_4847.jpg


一見ダブル、実はシングル(比翼仕立て)のジャケットです。トラウザーは細身のシルエット。
ウール×モヘアの混紡、細番手で織られたウールにうっすらとモヘア独特の起毛感が特徴。
INDUSTRIAL CATEGORY SINGLE DOUBLE JK + TROUSER
IMG_4850.jpg
IMG_4858.jpg
IMG_4861_20100622185708.jpg

一癖あるセットアップ、いかがでしょうか。




明日23日(水)は定休日です。
お問い合わせ、ご注文のメールのお返事は24日(木)にさせていただきます。


INDUSTRIAL CATEGORY
▲ pagetop
もう
ミラノコレクションはじまっていますね。
ルック見ながら、インターネットというのはすごいなと思っています。今更ながら、毎度のことながら。
ドルチェ&ガッバーナのショー、アニーレノックスの生演奏だったそうです。すごいなぁ。


http://www.gq.com/fashion-shows

▲ pagetop
DavitMEURSALUT Simple T-shirt
ダヴィットモルソーの Simple T-shirt 入荷しました。
シーズン毎にリリースされているTシャツです。
今回は以下の7色展開です。
ネックの開きや生地の質感も抜群、お手頃プライス、これ1枚でも、インナーとしても着れるので重宝すると思います。 是非是非!
IMG_4932.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt White
IMG_4918.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt Ivory
IMG_4908.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt Musterd
IMG_4904.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt BloodOrange
IMG_4898.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt SmokeBlue
IMG_4886.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt Charcoal
IMG_4883.jpg

ダヴィットモルソー Simple T-shirt Black
IMG_4876.jpg
Davit MEURSAULT
▲ pagetop
オレンジ
 

 今日はオランダ戦ですね。

 ではこの辺りでオランダ知ったかを少々。

 先日とくダネ!でも小倉さんが紹介していたのですが、オランダには以前ほどではありませんが、名前にファン(Van)とつく選手が多いです。Vanというのは英語で言うところの(From)のようなもので、Vanに続く名前によってその人の生い立ちや家柄なんかが少し分かるのです。
 
 例えばオランダ代表のエース、ロビン・ファン・ペルシー。直訳するとペルシャ出身のロビン。若きオランダの壁、グレゴリー・ファン・デル・ヴィール。車屋のグレゴリーといった感じでしょうか。

 もう一つ英語の表現にgoing Dutchというのがあります。Dutchというのは「オランダ(の)」という意味なのですが、going Dutchで「割り勘にする」という意味になります。諸説ありますが、オランダでは男性が全て払うとか、誘った人が全て払うという文化が他の国よりも薄いためこのような表現が生まれたようです。

 最近ニュースでやっていた話、浅はかな知識をお読みいただきありがとうございます。

 近江町のいちば館のパブリックヴィユーイングに行って観戦するなんていうお客様もちらほらいらっしゃいました。近所なので先日のカメルーン戦の後半から、僕もいちば館に行って観戦しました。一喜一憂分かち合えるっていいですね、たくさんの人が今日も集合するでしょうか。


 
 けっぱれ日本!

▲ pagetop
Bed peace T
C-44 の Bed Peace T-SH の bed peace ってなに?という問い合わせが何件かあったので少し。

’69年、アムステルダムでのジョンレノンとオノヨーコによるベッドインピースキャンペーン(ベッドに入る平和運動)の「ベッドイン」などからきている言葉です。
「前宣伝がすごかったのですごかったのでアムスの寝室に大勢の報道陣が押しかけてきた。
私達がセックスでもするのかと思って来たらしいが人前でパンツも取れない私達がそんなことができるはずがない。これも既成社会に対して、私達なりにショックを与えようという意図であった。」 と本にあります。

ぼやけてわかりにくい文字や、やわらかいモカの色使い、四角が重なってずれているところなどはベッドを表している風でもあり、重なるふたりを表している風でもあります。
bed.jpg

関連して、完売していますが、ハンドレンズのTシャツは、'66年 オノヨーコがロンドンの画廊で開いた展覧会にやってきたジョンがそこで観た作品というのをイメージしプリントしたものです。
作品というのは、「天井の絵」(Ceiling Painting (YES Painting))で、
部屋の中央に白いはしごが置いてあり、観客はそれに上って天井からぶら下がった虫めがねを使って天井に貼られたキャンバスの小さな文字を見るという作品です。
n゜44 0000
▲ pagetop
朝晩
今日はいい天気でした。
近くの犀川では鮎解禁で朝から釣り人がたくさんです。きらきらの川であんちゃんからおじさんまで真剣に釣りしています。
今朝、自転車のかごの中に犬を入れたまま釣りに没頭しているおじさんがいました。
その犬と目が合って、なぜか目を離せずにじっと見てたら犬も目を離さないのでしばらくして笑ってしまいました。
無性にかわいく思えて抱きしめたくなりました。でも抱きしめませんでした。というか抱きしめられませんでした。


ブブセラなにかと話題ですが、個人的にはでかメガネの方が気になります。欲しい。
とかいいながら今日も これ ブーブー鳴らしながら観戦です。

▲ pagetop
それ、ハーヴェイカイテル♪
 0.jpg

 最近、映画「タクシードライバー」を見ました。ロバート・デ・ニーロもジョディ・フォスターもいいですが、ハーヴェイ・カイテルが気になります。
 
 
 悪名高いらしいですが、次はフロム・ダスク・ティル・ドーンを見ようかなと思っています。

▲ pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。